パソコン複数持ちのメリット

パソコン・ガジェット

世の中には,複数のパソコン(以下,PC)を所有している人がいます。

彼らが複数持ちをする理由や,メリット・デメリットを・・・PC趣味歴20年の経験から紹介したいと思います。

スポンサーリンク

PCを複数持つ理由

まず,PCを複数台持つ人はどうして複数持つに至ってしまったのか。

必要に迫られてそうしているのが実情です。

ノートで物足りなくなった人がデスクトップを買い足す

作業効率をストイックに追及していったら,持っているノート形では物足りなくなった・・・。

そして買い足すケースです。

 

現代,個人用PCはノート形PCが多数派です。

そしてエントリーに最適でもあります。こちらの記事のとおりです。

 

ノート形でPCデビューし,ある程度使っていると・・・

使用時間が長めの人ほど,より効率的に作業できるPCが欲しくなってきます。

 

そこでふと,会社などで使っているデスクトップ形PCを思い出し・・・その使いやすさのまま,自宅でも作業をしたくなり・・・

 

そういう場合に,デスクトップ形が買い足されるようです。

デスクトップ形はキーボードも打ちやすく,画面も大きい。

より作業性を求めると,やはりデスクトップ形になっていきますね。。ノート形PCで物足りなくなって,買い足すパターンです。

仕事用とプライベート用で分けて使う

仕事用のPCと隔離するため,プライベート用のPCを別に買うケースです。

 

自営業の人の場合,もちろん自分の仕事にPCを使えるので仕事用として1台。

元々はプライベートでも使うPCでもあったが・・・。 

昨今の情報漏洩事故を鑑みて,不用意にPCに情報を入れないようになり・・・。

プライベート用に別のPCを購入。

 

そういうケースもありますね。

単にPC集めが好きという酔狂人も・・・

これは管理人のようなコレクターの類です。

収集癖がある人は少なくないと思いますが,管理人はその収集の対象がPCというだけです。

定期的にPCを買い足していないと鬱気味になってしまいます・・・(末期)

 

PCを複数持つメリット

PCを複数持つメリットは下記のとおりです。

メリット

・並行作業ができる
・1台故障しても作業を継続できる
・部品取りに使うことができる

このように効率化やリスクヘッジのシステム的なメリットがあります。

順番に見ていきましょう。

 

並行作業ができる

PCを2台同時に起動していれば,色々な作業を並行して行なうことができます。

 

たとえば1台は動画をエンコードさせ,その間にもう1台のPCで執筆作業をしたり。

  

2台がインターネットに繋がっていれば別々のアカウントでtwitterに対応したり。

ログイン切り替えの手間がない。

作業効率アップにも使えるし,ズボラするためにも使える!

1台故障しても作業を継続できる

複数持ちはリスクヘッジにもなります。

 

PCが故障した場合,治すか買い替えるかになります。その間,何も作業ができません。

 

その間,ブログの更新が止まってしまったり,Youtubeの動画投稿が止まってしまったり,仕事が止まってしまいます。

 

とくに,仕事が止まってしまった場合はダメージが大きいです。

 

あなたの取引先からすれば,数日も音沙汰無しということになり・・・信用問題に関わるからです。

  

ですが,もう1台PCがあれば,仕事を中断せずに済みます。

 

その間に,故障した1台を修理に出すなどすれば再び2台体制になり・・・。

今度は使用中のPCが故障しても,修理から帰ってきた方のPCに切り替えて使えます。

 

部品取りに使うことができる

複数持っているが,いつも決まった1台しか使わない・・・。

そんなケースでも,部品取りのドナーにできるというメリットがあります。

 

いつも使っているPCが故障したときに,故障したパーツを使っていないPCと交換することで,暫定的に復旧できるのです。

 

あまりにも年代が違いすぎるPCでは難しいですが・・・。

使わなくなったPCも,念のために取っておくことでこのような使い道があります。

データをクラウドに保存していればSSDが故障してもドナー品に交換して復旧できます。 

パソコンを複数持つデメリット

いっぽう,PCを複数持つデメリットは下記のとおりです。

デメリット

・セキュリティアプリの更新料が,台数分かかる
・並行作業する場合,周辺機器が台数分必要

このように,維持費や追加購入費といった金銭的なデメリットがあります。順番に見ていきましょう。

 

セキュリティアプリの更新料が,台数分かかる

セキュリティアプリは,複数のPCに入れれば,台数分お金がかかります。

そして,更新料もまた台数分かかります!

 

ですが,中にはいちどインストールしてしまえば更新料が不要なセキュリティアプリもあります。

 

また,プランにより3~5台までインストールできるタイプは3~5台までのライセンスを自由に取り換えられるので・・・

・・・家にたくさんPCがあり,常時3台稼働のような人には最適なのかもしれません。

 

並行作業する場合,周辺機器が台数分必要

複数持ちであっても,使うPCが常に1台であれば問題にならないことですが・・・。

同時に複数台起動して使う場合,使う分だけのマウスが必要になります。

(デスクトップ形の場合はキーボードも!)

 

PC購入時にセットで付いてくるのであれば問題ありませんが,新たに買い足しとなると,そのぶんの費用がかかります。

使用感を統一したいために,こだわりのマウスをPCの台数分買うと,それだけで結構な金額になります。

オタクと思われる

番外編ですが・・・。

管理人のような人間と同じ類と思われてしまう危険性があります。彼女をお部屋に呼ぶときなどは,忘れずにPCを隠しましょう。

 

まとめ

PCの複数持ちをしている人は,大多数が必要に迫られてそうしており・・・

好き好んで複数持ちをするのは,少数派の酔狂な人のようです。

   

また,いずれにしても複数持ちした場合にはメリットとデメリットがあり・・・

 

並行作業やリスクヘッジというシステム的メリット。
維持費や付帯品購入費用がかかるという金銭的デメリットがあります。

 

確かに多少維持費はかさんでしまいますが・・・

複数持ちで得られるメリットはありがたく,いちど複数持ちをしてしまうと1台に戻れないほどの恩恵があります。

 

管理人も日々,節約生活をしつつ,複数のPCを維持しています。

 

追記

セカンドPCも,中古でお買い得にいきましょう!

 

Nenga

コメント

タイトルとURLをコピーしました